本体+供給ベルトコンベア+ 原料ストッカー連結時

本体

特徴

魚卵連続分離装置FRS102型は、解凍及び生鮮魚卵を、半割開き投入して、連続行程で魚卵及び表皮の分離機能を備えた処理機械です。

  • 解凍及び生鮮魚卵を、連続投入できる
  • 魚卵投入が容易にでき、作業性及び生産性がよい
  • 分離された卵及び表皮が、各集合シュート別に分割集合され、作業性がよい

機械仕様

使用目的 魚卵(鮭・鱒・生筋子)の連続投入および分離
機械構成 分離装置本体及び原料供給コンベアー
原料処理量 500~1,000kg/hr (原料の状態及び供給量による)
動力 ・分離装置本体/0,75kWギヤードモートル・ブロワー/1.5kW・供給コンベアー/0.1kW (200/220V,50/60Hz,3P.)
網回転数 インバータ可変速による
機械寸法 ・本体;1,500L×1,174W×1,422Hmm ・コンベアー/2,500L×300Wm/m
材質 ・SUS304製~本体(主要部・フレーム)供給コンベアー・樹脂 他
重量 ・本体/500kg・供給コンベアー/140kg・原料ストッカー/30kg

作業方法

袋を開き伏せた状態でコンベアに並べる。   卵をローラーで網に押しつけ、内側からスクレーバーで掻き取る。   卵はシュートで集められサイドより排出、残滓の皮は水とブロワーにより網から吹きはがす。

工事所有権

特許 3359325

動画

カタログダウンロード